どこで働く?

どこで働く?

医療事務資格 TOP>>医療事務について>>どこで働く?

病院

医療法では病床数が20床以上の入院施設を持つものを病院といい、その中には大学病院のような規模の大きなものから国や地方公共団体が設置したもの、さらには個人病院等があり、医療事務スタッフの業務も様々ですが、大きな病院ほど業務も専門化される傾向がありますね。

医院・診療所

病床数が19床以下の医療施設を医院・診療所あるいはクリニックといいますが、もちろん全く入院施設のない医療施設もこれに該当します。医療事務スタッフもレセプト業務から受付、入院サービス等オールマイティーな業務をこなしていく必要があります。

歯科医院

大きく分けると医療事務は医科の業務と歯科の業務に別れますが、歯科医院で働く医療事務スタッフは、受付、レセプト業務、そして歯科医や歯科衛生士を補助をするなどの仕事もこなしていく必要があります。

調剤薬局

医薬分業システムの普及により、調剤薬局はますます増えてきていますが、ここでは患者さんが持ってくる処方箋の受付からレセプト請求まで、医療事務スタッフの役割も重要になってきます。

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional