医療秘書技能検定試験

医療秘書技能検定試験

医療事務資格 TOP>>医療事務資格試験について>>医療秘書技能検定試験

医療秘書技能検定試験

概要

医療秘書としての専門知識と技能を審査・認定する資格試験で、毎年志願者数が1万人を越える人気の資格です。

資格概要

医療機関ならびに医療関連機関に勤務する医療秘書として、実務マナー、医療法規や医学用語、医療事務の領域に高度の知識と技能を持ち、業務を専門的に遂行できることを目的に実施しています。

また、1級・準1級・2級・3級の等級があり、どの級からでも受験できます。

受験資格

不問

受験科目

以下の分野から級ごとに難易度を変えて出題

  • 医療秘書実務
  • 医療機関の組織・運営・医療関係法規
  • 医学的基礎知識、医療関連知識
  • 医療事務

試験日

年2回(6月、11月)

試験会場

医療秘書教育全国協議会の会員校等で実施

合格率

おおよそ 1級 10%、準1級 20%、2級 45%、3級 70%

主催団体

医療秘書教育全国協議会

備考

「受験者は圧倒的に専門学校・各種学校の学生が多く、主催者は医療秘書教育全国協議会で、この団体には2004年現在142の専門学校・各種学校並びに短期大学が加盟している。」(Wikipediaより)

powered by Quick Homepage Maker 4.27
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional